渋谷区や港区の税理士

電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ


ホーム > サービス内容 > 経理や給与計算のアウトソーシングサービス

経理や給与計算のアウトソーシングサービス

経理や給与のアウトソーシングによる経営の効率化と見える化

グラフ と ペン.JPGのサムネール画像

匠税理士事務所では、お客様が毎月、きちんと業績が分かるよう 経理のアウトソーシングを主軸としたサービス作りに取り組んでおります。

経理というと、真っ先にイメージするのが、帳簿の作成などの事務作業です。

しかし、実際の経理は、この帳簿作成だけではありません。

経理資料の活用で、様々な業績の管理資料や経営の助言資料、経営の管理資料まで 会社の根幹となる非常に重要な資料の作成が可能となります。



経理を有効活用することによって利益を生み出しやすい企業をつくることができる

匠税理士事務所では、経理アウトソーシングを有効活用し、経営に役立つ情報をご提供します。


kojin_kigyou-img15.png

起業間もないときには、社長様の本業で培ったノウハウやキャリアが最も大きな財産です。

この財産の多さが起業の成功に大きく関係し、社長様の本業へのノウハウやキャリアが多ければ多いほど、起業間もないころから安定した売上をあげ、利益も積み重なっていきます。

売上が拡大すると会社の成長がはじまり、この成長過程でより多くの利益とお金を必要とします。

経営者が最も注意をはらわなければならない、特に起業では細心の注意が必要なのが、この『お金と利益』です。

売り上げが拡大するとそれにつられ経費も拡大します。 利益を伴って売り上げが上がりその利益を原資とした適正な投資が行われればそれは【成長】となります。反対に売り上げが上がってもそれ以上に不要な経費が膨らめばそれは成長ではなく【膨張】となります。 この成長にいるのか、膨張しているのかを見極めるために指標となるのが毎月の利益です。

毎月利益を知るようになると、売り上げをあげる以上に、利益を出すことの大変さを感じられるようになります。そしてこの大切な利益をどう使うかが経営の別れ目になります。

大切な利益を、利益をあげているうちに、次なる成長のために優先順位をつけて投資できるかどうかです。このときにお金が必要となるわけです。

利益とお金に注目した経営を行っていると、会社に利益が残りお金が残るようになります。


匠税理士事務所が考える業績管理とは、大企業のような経営計画・経営会議や、試算表の経費項目にチェックをつけて経費削減を行うことではなく、会社の数字を大きく捉えてどんな得意先にどんな商品をおさめ会社に利益をお金を残すかの意思決定を行うためものです。これが行えるようにお手伝いすることが私たちの業績管理に対する基本姿勢です。



なぜ経理はアウトソースなのか

会社のよっては、自社経理をされている方もいらっしゃるかと思います。匠税理士事務所が会社での経理ではなく、経理のアウトソーシングをご提案するのには、大きく分けて2つの理由があります。

一番の理由は、経理を経営の管理資料として使用するためには、経理を一定の基準に基づいて同じ法則で行う必要があるからです。

例でいうと、例えば派遣社員さんの給与を、ある期には人件費としてある期には外注費として経理します。 その経理データを、比較の経営資料として使用すると誤った経営判断を下してしまいます。

つまり、税金の計算上は問題がなくとも、経営の資料としては問題があります。もともと経理とは、税金の申告のためのものではなく業績を知るためのものです。

匠税理士事務所では、税務調査に対応した経理であることは大前提として、+αで経営の視点を考慮した経理アウトソーシングを行うため、経理を経営の資料として活用することができます。


もう一つの理由としては専門的知識のある経理担当者の獲得とその育成の困難さにあります。

特に決算や申告を自社の経理担当者で行うことは不可能であり、かつ、経理担当者の採用・育成・退職、専門知識や経験の不足で安心して任せられないといったことが問題が残ります。アウトソースを上手く利用することで、会社で専門知識の習得や人材の育成を行う必要がなくなり、本業に集中できるメリットがあります。



よくあるご質問

みなさんが知っているような大企業も、はじめはみな小さな会社からスタートしています。中小企業は、大企業のように株主などに利益を約束しているわけではないので 経営計画や予算制の導入、経営会議などは必要ありません。しかし、小さな会社が大きくなるには、利益やお金が必要となりますので毎月利益をしっかり出さなければなりません。

小さな会社だからこそ、業績の管理は非常に重要です。


業績管理とは、毎月の経営の結果である利益を確認して、業績から見る問題点などの経営課題に取り組むことです。

匠税理士事務所の業績管理支援サービスは、お客様は書類を送るだけの簡単ステップでこの業績管理を行える仕組みをご提案しております。

具体的には、領収書や請求書をまとめて発送していただければ、毎月の経理資料から毎月の業績をスピーディーにご報告します。簿記などの専門的な知識がなくても、分かるようなレポート形式の業績報告で数字から見る会社の変化を知ることができます。

経営者は、現場(お客さま・人材・商品)をよりよくすることが仕事ですので、簿記や経理などは必要ありません。 社長様が経理をすると、どうしても簿記などの知識習得に時間をかけてしまったり、細かい経費が気になり大きな経営判断ができなくなります。

また、予算や経営会議制度を導入すると、数字や会議にとらわれすぎ、大切な現場(お客さま・人材・商品)が見えなくなってしまいます。 現場とスピーディーな業績報告の両方を上手く活用して、大きな目で経営判断を下せるようお手伝いをいたします。



※サービスラインについてはこちら→渋谷対応の税理士|匠税理士事務所TOP

ページの先頭へ


電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ

本サイトに掲載の全てのコンテンツは著作権法により保護されています。