渋谷区や港区の税理士

電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ


ホーム > 匠税理士事務所からのお知らせ > 出向の給与負担金<法>9-2-45 

起業・黒字戦略の最新情報

出向の給与負担金<法>9-2-45 

港区 申告なら匠税理士事務所の税務情報の更新です。

匠税理士事務所は田園調布から約3分の自由が丘にある税理士事務所です。

 

今回は出向があった場合の取り扱いについて記載をします。

 

法人の職員さんが、会社の依頼で他の会社に出向したをしたとき、

その出向者の給与を従来どおり出向元の法人が支給しているため、

出向先の法人が自己の負担すべき給与相当額を

出向元の法人に給与負担金として支払っているときは、

出向先の法人が出向者に給与を支払ったものとして取り扱われます。

 

出向についての条文を紹介します。

 

(出向先法人が支出する給与負担金)

9-2-45 

法人の使用人が他の法人に出向した場合において、その出向した使用人(以下「出向者」という。)に対する給与を出向元法人(出向者を出向させている法人をいう。以下同じ。)が支給することとしているため、出向先法人(出向元法人から出向者の出向を受けている法人をいう。以下同じ。)が自己の負担すべき給与(退職給与を除く。)に相当する金額(以下9-2-46までにおいて「給与負担金」という。)を出向元法人に支出したときは、当該給与負担金の額は、出向先法人におけるその出向者に対する給与(退職給与を除く。)として取り扱うものとする。

(昭55年直法2-8「三十二」、平10年課法2-7「十」、平19年課法2-3「二十二」により改正)

(注)

1 この取扱いは、出向先法人が実質的に給与負担金の性質を有する金額を経営指導料等の名義で支出する場合にも適用がある。

2 出向者が出向先法人において役員となっている場合の給与負担金の取扱いについては、9-2-46による。


つまり内容が給与であれば、経営指導料などの名目で支払っても

それは、給与として経理をして良いことになります。

 

当然給与ですので消費税もかからないことになります。

 

条文を解説すると

会社が職員さんを出向させ

給与は今で通り会社から職員さんに支給する

会社は、出向先の法人からお金をもらう

 

このようなときは、出向先の法人は

出向元の法人へ役務提供の対価を支払うわけですが

その内容が給与であれば給与として扱うことになります。

 

その他の法人税法基本通達NEWSはこちら

法人税法基本通達目次

 

目黒区 税理士 なら匠税理士事務所 TOPへ

お客様お一人お一人を大切にする事務所です。

私たちは、「専門性」や「技術」を研鑽し、プロフェッショナルとしてお客様の大切な会社のお役に立ちたいと考えております。お客様が些細な心配事も相談できて安心していただけるような心通うサービスがご提供できればと考えております。是非一度、私たちのサービスをご体験ください。

  • サービス紹介 サービス紹介
  • 匠税理士事務所について 匠税理士事務所について
  • お電話でのお問い合わせ 03-6272-4704 メールでのお問合せ

執筆 税理士紹介

税理士 水野智史

  • セミナー実績 財務改善や黒字戦略が専門。商工会議所や産業振興公社他、多数。
  • キャッシュベース経営 資金講座キャッシュベース経営 資金講座
  • 黒字経営を行うための利益戦略講座黒字経営を行うための利益戦略講座

税理士 宮崎千春

提携金融機関

ページの先頭へ


電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ

本サイトに掲載の全てのコンテンツは著作権法により保護されています。