渋谷区や港区の税理士

電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ


ホーム > 匠税理士事務所からのお知らせ > 出向者給与の較差補てんの経理<法>9-2-47 

出向者給与の較差補てんの経理<法>9-2-47 

渋谷 税理士の法人税の更新通知です。

 

会社が自分の会社の職員さんを出向させた時に

出向先から支給される給与と

もともとの給与との給与条件を補てんするために

出向先からの給与とは別に

補てんの給与を支払ったときにはどのように経理処理をするでしょうか。

 

この場合には、その職員さんに直接支払っても

出向先の法人を通して支払っても

出向元の給与として経費となります。

 

この時に給与とできるものは

通常の給与の他に、

出向先法人が、経営不振などで賞与を支給しなかったときに

もともとの会社との賞与との条件を補てんするために

賞与をしはらったときや

出向先が海外のときの留守宅手当も含まれます。

詳細な条文は下記のとおりです。

 

(出向者に対する給与の較差補てん)

9-2-47 出向元法人が出向先法人との給与条件の較差を補てんするため出向者に対して支給した給与の額(出向先法人を経て支給した金額を含む。)は、当該出向元法人の損金の額に算入する。(昭55年直法2-8「三十二」、平10年課法2-7「十」、平19年課法2-3「二十二」により改正)

(注) 出向元法人が出向者に対して支給する次の金額は、いずれも給与条件の較差を補てんするために支給したものとする。

1 出向先法人が経営不振等で出向者に賞与を支給することができないため出向元法人が当該出向者に対して支給する賞与の額

2 出向先法人が海外にあるため出向元法人が支給するいわゆる留守宅手当の額

 

その他の法人税法NEWSはこちら

法人税の経理申告実務

 

---------------------------------------------------------------------------
サイト運営 渋谷の会計事務所なら匠税理士事務所→ホームページはこちら

当サイトの利用にあたっては注意事項をご覧ください。
---------------------------------------------------------------------------

世田谷・目黒・品川・大田地区のお客さまはこちら。

目黒区 会計事務所→ホームページはこちら

 

  • facebook
  • Share (facebook)

ページの先頭へ


電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ

本サイトに掲載の全てのコンテンツは著作権法により保護されています。