ホーム > 匠税理士事務所からのお知らせ > 給与のベースアップの精算と税金

匠税理士事務所からのお知らせ

給与のベースアップの精算と税金(2012年2月18日 21:31)

使用人に支払う給与について、いわゆるベースアップが行われることがあります。


使用人に支払われる給与のベースアップが過去にさかのぼって行われ、そのベースアップ部分の給与がまとめて支払われる場合の収入すべき時期と税額の計算は次のようになります。

使用人のベースアップが過去にさかのぼって実施された場合には、ベースアップ前の給与とベースアップ後の給与とに差額が生じます。

この差額を一括して支給する場合の給与の収入すべき時期は、ベースアップを取り決めた労働協約等において支給日が定められているものについてはその支給日、その日が定められていないものについてはその労働協約等の効力が生じた日となります。

また、この場合の源泉徴収税額の計算は、定められた支給日又は効力が生じた日の属する月に支給する通常の給与と差額分の給与を合計した金額について「給与所得の源泉徴収税額表」を用いて税額を求めます。

なお、この方法によって税額の計算を行うと、源泉徴収税額が多額となることがあります。そのため、数か月分の差額を一括して一時に支給するような場合には、その差額分を臨時的な給与として、「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を用いて計算してもよいことになっています。

 

従業員の方のベースアップ分の精算自体が特殊ですので、このベースアップ部分の精算のみ意識してしまい、税金について賞与の率を用いることの検討が忘れがちになりますので、注意して行い労使間でのトラブルがないようにしたいものですね。

 

*記事に関するお問い合わせはご遠慮下さい。判断は自己責任でお願いします。

税理士 目黒の匠税理士事務所HPへ

港区 税理士の匠税理士事務所HPへ

  • facebook
  • Share (facebook)

ページの先頭へ


お問合わせ先 住所:〒152-0035東京都目黒区自由が丘1-4-10 quaranta 1966 404 営業時間:月曜~金曜 9:00~18:00 電話番号:03-6272-4704 E-mail:takumi-info@takumi-tax.jp

本サイトに掲載の全てのコンテンツは著作権法により保護されています。Copyright © 匠税理士事務所 サイトマップ