渋谷区や港区の税理士

電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ


ホーム > 匠税理士事務所からのお知らせ > 現金を重視した経営の重要性

現金を重視した経営の重要性

匠税理士事務所のWEBサイトへのアクセスありがとうございます。

 

弊所では、渋谷区や港区を中心に経営支援や起業サポートに力を入れている

会計事務所です。

 

今回は、現金を重視した経営の重要性についてまとめてみました。

 

会社経営において財務面で一番大切なのは現金です。

 

現金が不足して仕入れ代金や給与を支払えないようなことがあると、
会社は信用を失い、

人材が流出したり、仕入取引ができなくなったり
銀行から融資が受けられなくなったりして、
事実上倒産の道を歩むことになります。

 

黒字倒産とは
会社が商品を売ると、掛けで売上げた場合であっても損益計算書上は売上が計上されます。
実際には売上げた時点で現金が入ってくることの方が少ないでしょう。

 

仕入れも同様で、その場で現金を払わなくても、
買掛金とともに仕入れを計上します。

この場合、損益計算書上では、
売上と仕入れが立ち収益が発生しています。

 

しかし、買掛金の支払いが売掛金の回収より先にきてしまうと、
収益が立っていても現金が不足する事態となります。

 

また、在庫など資産が増加し現金が姿を変えて眠っている場合も、
その資産は現金と違って支払いには使えませんから資金繰り

(将来のお金の段取りをつけること)が苦しくなります。

 

つまりこれらは、勘定合って銭足らずと言われる状態で、黒字倒産となりかねません。

このような理由から、現金を重視した経営を心がけることが重要です。

 

匠税理士事務所の経営支援サービス

 

匠税理士事務所では、

渋谷区や港区の会社様に向けて、

経営支援サ―ビスをご提供致しております。

 

サービスの詳細につきましては、

こちらよりご確認をいただければ幸いです。

→ 渋谷区や港区の税理士は匠税理士事務所

 

 

 

<匠税理士事務所は渋谷区や港区に対応の会計事務所です。>

  • facebook
  • Share (facebook)

ページの先頭へ


電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ

本サイトに掲載の全てのコンテンツは著作権法により保護されています。