渋谷区や港区の税理士

電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ


ホーム > 匠税理士事務所からのお知らせ > 合併や会社分割などM&Aはどんな種類があるの?

合併や会社分割などM&Aはどんな種類があるの?

匠税理士事務所のWEBサイトへアクセスいただきまして

ありがとうございます。

 

匠税理士事務所は、

渋谷区や港区を中心に税務コンサルティングや経営支援を行っている会計事務所です。

 

今回は、最近の経営でもよく活用されるM&Aについてまとめてみました。

 

M&A(エムアンドエー)とは何か

 

M&A(エムアンドエー)とは、

企業の合併買収のことです。

 

2つ以上の会社が一つになったり(合併)、
ある会社が他の会社の株式や事業を買ったり(買収)することを指します。

事業譲渡や資本業務提携を含めた、
広い意味での企業間提携の総称として使われることもあります。

M&Aのメリット、なぜM&Aを行うのか

 

M&Aは自社に不足している経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報、技術など)を補い、
事業の拡大や再構築を行うために有効な経営戦略の一つで、
売り手側企業、買い手側企業の双方にメリットをもたらすことができます。

 

【売り手企業のM&Aのメリット】

売り手側企業のメリットとして、
事業承継問題・後継者問題の解消、経営不振状態からの脱却などが挙げられます。

 

【買い手企業のM&Aのメリット】

一方の買い手側企業のメリットとしては、
企業規模・市場シェアの拡大、新規事業参入への足がかり、
経営権の譲り受けなどが挙げられ、

一から事業を築くのに比べて、
事業基盤をそのまま手に入れることになるため、
スピーディーに経営を進めることができます。

M&Aにはどんな種類があるのか

 

M&Aでは主に、

以下のようなストラクチャーが用いられます。

1 事業譲渡
2 合併
3 会社分割
4 現物出資
5 株式交換
6 株式移転

 

この大きく分けて6つの手法の中から、

さらに細かくわかれていきます。

 

例えば合併とは複数の会社が契約により一つの会社になることをいいますが、

一方の法人格のみを残し、他方の法人格を消滅のうえ、
合併により消滅する会社の権利義務のすべてを存続する会社に承継させる吸収合併と

 

全ての法人格を消滅させたうえで、
新たに設立する会社に権利義務を承継させる新設合併の2種類があります。

 

経営面では、お客様の経営戦略にあった手法を選択されることが重要であり、

税務面では欠損金などの活用など節税の効果を検証することが重要となります。

 

匠税理士事務所の経営支援・税務コンサルティングサービス

 

匠税理士事務所では、

渋谷区や港区の会社様に向けて

経営支援や税務コンサルティングサービスを行っております。

 

サービスの詳細につきましては、

こちらよりご確認をいただければ幸いです。

→ 渋谷区や港区の税理士は匠税理士事務所

渋谷区や港区のお客様からのご相談をお待ちしております。

お客様お一人お一人を大切にする事務所です。

私たちは、「専門性」や「技術」を研鑽し、プロフェッショナルとしてお客様の大切な会社のお役に立ちたいと考えております。お客様が些細な心配事も相談できて安心していただけるような心通うサービスがご提供できればと考えております。是非一度、私たちのサービスをご体験ください。

  • サービス紹介 サービス紹介
  • 匠税理士事務所について 匠税理士事務所について
  • お電話でのお問い合わせ 03-6272-4704 メールでのお問合せ

執筆 税理士紹介

税理士 水野智史

  • セミナー実績 財務改善や黒字戦略が専門。商工会議所や産業振興公社他、多数。
  • キャッシュベース経営 資金講座キャッシュベース経営 資金講座
  • 黒字経営を行うための利益戦略講座黒字経営を行うための利益戦略講座

税理士 宮崎千春

提携金融機関

ページの先頭へ


電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ

本サイトに掲載の全てのコンテンツは著作権法により保護されています。