渋谷区や港区の税理士

電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ


ホーム > 匠税理士事務所からのお知らせ > 税務上のソフトウェアとは?ホームページの制作費用はどうなるの

起業・黒字戦略の最新情報

税務上のソフトウェアとは?ホームページの制作費用はどうなるの

匠税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。

弊所は、港区のIT企業様向けに税務コンサルティングや会計のアウトソーシングサービスを

提供している30代の税理士が中心のITに強い会計事務所です。

今回は税務上のソフトウェアの取り扱いやホームページの制作費用の処理についてまとめてみました。

一般的にソフトウェアとは、コンピュータに一定の仕事を行わせるためのプログラムや
システム仕様書、フローチャート等の関連文書の総称をいうもの、と解されます。

それでは税務上、ソフトウェアはどのように取り扱うのでしょうか?

ITのイメージ

税務上のソフトウェアの取り扱い


従来、法人税法上ソフトウェアの取り扱いは、

購入・委託開発したものについては繰延資産、

自社開発したものについては支出時の損金とされていましたが、

企業会計との整合性を図ることや、委託開発と自社開発との取り扱いを同一にすべきとの意見があること、
ソフトウェアは譲渡・賃貸が可能であり、経済的陳腐化による価値の低下が認められることなどから、
平成12年の税法改正により、その取得形態にかかわらず、

すべて無形固定資産として処理することとなりました。

つまりは、複数年にわたって経費化していくということになったのです。


ソフトウェアと著作権の違い


法人税法上、著作権は減価償却資産には含まれず、償却費の計上はできません。

著作権法上、ソフトウェアのプログラムは著作物ですから償却しないのでは?

と思われますが、税法上は
上記のように平成12年の税制改正によりソフトウェアのプログラムは減価償却資産として分類され、
無形固定資産に計上しその使用用途に応じた耐用年数により償却することとされてます。

関連記事:自社製作のアプリケーションの取得価額と経費計算について

                :中古車と中古ソフトウェアの耐用年数はなぜ違う?


ホームページの制作費用はどのように経費になるのか?

ホームページはその機能・目的により取り扱いが異なります。

①企業のPRや新製品の広告をおこなうため、
単なる画像、文字、デザイン等をインターネットにより、

パソコン等の端末機の画面上にたんに表示するものについては、
使用期間が一般に1年以内と認められ、広告宣伝費等として支出時の損金をして処理します。

つまりは、用紙などに自社の広告を印刷していたのが、
デジタル媒体に掲載されただけで取り扱いは同じというイメージです。


②ホームページからデータベースやネットワークにアクセスするためのソフトウェア(プログラム)を作成した場合は、

①と区分してその作成費用については無形固定資産として資産計上することとなり、
ネット上でオープンにした時点から5年で償却費を計算します。

なお、ホームページとソフトウェアを区別することができない場合は、

全体を無形固定資産として処理(耐用年数5年)します。

つまりかかった金額を5年間かけて経費化していくということになるのです。

税務調査でトラブルにならないためにも、単純なホームページ制作部分とシステム部分をわけて請求書に記載してもらうようにしましょう。

またホームページ制作を個人事業主様にお任せする場合には、源泉所得税にも注意が必要です。

その作業内容が、デザインなのかHTMLのコーディング作業なのかでも取り扱いが変わりますので、

詳細につきましては、こちらのページをご確認ください。

→ システム開発やHTMLコーティングは源泉徴収がいらない?


匠税理士事務所の港区のIT企業向け税務コンサルティング

匠税理士事務所では、これまで多くのIT企業様の税務コンサルティングや会計アウトソーシングを担当させて頂きました。


IT企業様の事業形態やサービス内容は、日々変化しておりますので、

まずIT分野に詳しいことが求められ、かつ利益が大きく出た場合でも対応できる専門性が重要になります。


弊所ではこれまで広告代理店様・WEBページ制作会社様・アプリケーション制作会社様・IOTを活用した事業会社様など多くの会社様の税務会計をお手伝いしておりますので、IT事業への理解も深く、

上場企業の税務申告を担当しておりましたので、利益が大きく出た場合でも対応できる専門性を有しております。


サービスの詳細はこちらからご確認をお願いします。

→ 港区の税理士は匠税理士事務所へ

匠税理士事務所では、お客様へのご提案を大事にしておりますので、

税務会計のご相談がございましたら、お気軽にご相談下さい。

渋谷区や港区の税理士や会計事務所は匠税理士事務所.jpg

お客様お一人お一人を大切にする事務所です。

私たちは、「専門性」や「技術」を研鑽し、プロフェッショナルとしてお客様の大切な会社のお役に立ちたいと考えております。お客様が些細な心配事も相談できて安心していただけるような心通うサービスがご提供できればと考えております。是非一度、私たちのサービスをご体験ください。

  • サービス紹介 サービス紹介
  • 匠税理士事務所について 匠税理士事務所について
  • お電話でのお問い合わせ 03-6272-4704 メールでのお問合せ

執筆 税理士紹介

税理士 水野智史

  • セミナー実績 財務改善や黒字戦略が専門。商工会議所や産業振興公社他、多数。
  • キャッシュベース経営 資金講座キャッシュベース経営 資金講座
  • 黒字経営を行うための利益戦略講座黒字経営を行うための利益戦略講座

税理士 宮崎千春

提携金融機関

ページの先頭へ


電話でのお問合せ 03-6272-4704

メールでのお問合せ

本サイトに掲載の全てのコンテンツは著作権法により保護されています。